ゲスト規約

利用される上で、参加者全員がゲスト規約を理解し、同意して誓約していただいてる事を前提に、利用に伴う規約になります。
使用中にわからない事や不明点がある場合は、スタッフまでお声掛け下さい。

■利用目的について
アマテラスでは、スペースの利用目的を可能な範囲で把握するように努めています。
ご予約時に、差支えの無い範囲で「スペースの利用目的」を、できるだけ具体的にご記入ください。

■利用について
・利用時間途中で退出された場合でも、ご利用料金の割引、返金等は行いませんのでご了承ください。
・利用終了後は、スペースオーナーの承諾無しに無断でスペースに立ち入ることはできません。
・定められた時間を越えてスペースオーナーの了承もなくスペースを使用した場合、延長オプション×人数分の金額を請求させていただきます。
・人数の偽りが判明した場合は、その人数分×オプション金額倍額を請求します。
・ご利用時間延長はスペースオーナーへ人数を申し出下さい。
・ご利用日に持込まれた荷物や商品は当日撤収をお願いしております。
・退出は原状復帰に 要する時間分も含めます。
・スペースオーナーの過失による損害補償は、利用者のお支払い料金を上限とする金額での補償になりますので予めご了承ください。
・利用終了時にスペースオーナーの指定の通り鍵の返還を行ってください。
・予約したスペースはご予約者本人以外、第三者への譲渡はできません。
・スペースのご利用につきましても、利用者に借家権その他の独立した占有権、営業権等の固有の権利を付与するものではなく、また何らこれらの権利は発生いたしません。
・施設、備品等を損傷・汚損・紛失等したときは、利用者へ実費分の請求をさせていただきますので、予め了承下さい。またその際の見積・施工はスペースオーナーにて行います。利用者は自ら持ち込んだ機材・物品等の管理を行い、これらの盗難・紛失・火災損害等についてスペースオーナー、弊社共に責任を負いません。
・スタッフ非常駐の為、利用時間中カメラ録画撮影いたします。事件性が高い場合は映像を警察へ提出いたしますのでご理解下さい。
・喫煙は指定の場所でお願いします。

■破損と請求について
・利用者がスペースオーナーが提示するスペース利用規則、許可申請内容および許可条件に違反し、帰属する建造物や付帯設備・備品などを破損または紛失する等、その損害が発生した場合には、損害額を賠償していただきます。
・建物内に機材、器具搬入の際は、床・壁等を必ず養生してください。施設等の利用に伴う人身事故および部外品・展示品等の盗難・破損事故などのすべての事故について、一切の責任を負いません。
・スペースが帰属する建造物や付帯設備・備品などを破損または紛失した場合、修理代等として損害賠償して頂く場合がございます。また、上記が原因でスペースが利用出来なくなった場合は、損害金額の実費をご負担いただくことがございます。この場合、修理金額および損害金額の実費を含む請求金額全額を請求に基づく支払日にお支払いいただくこととなります。
この処置につき、利用者は一切の異議を述べないものとし、且つスペースオーナーに対し、金銭の支払いその他いかなる請求も行わないものとします。
・請求書に関しては一度通常郵便で送付し、お支払いが確認できない場合は、内容証明つき郵便で送付いたします。また、内容証明の郵便にかかる郵便費用は請求金額に加算して請求いたします。

■免責
・利用者は以下の各項に起因した一切の損害について、アマテラスが賠償責任を負わないことに同意したものとします。
① 予約・申し込みキャンセル、日程内容変更について起きた損害について
② スペース内および当該建物で発生した不正利用、器物損壊、無断キャンセル、盗難、事故、故障、火災、天災、雨漏りその他トラブルによる損害
③ スペースを当日利用できなかった場合および当日途中から利用できなくなった場合の、営業保証、交通費、人件費など一切の損害について
④ 利用者が本サービスの利用によって、スペース運営者や他の利用者又は第三者に対して与えた損害及び自損事故について
⑤ 利用者が、利用規約および各ページに記載されたキャンセルポリシー、注意事項に違反した際に発生した一切の損害について

■利用の中止
予約が成立した後および利用途中であっても、下記事項に該当する場合ご利用を中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。 その際に生じた損害責任は、ご利用者にご負担いただきますので、予めご了承ください。
① 申込時の使用目的、催事企画書などの提出物と使用方法が事実と反した場合。
② 他のスペース利用者、スペース関連の他店舗に迷惑を及ぼした場合。
③ 申込み利用者がスペースオーナー及び弊社の許可なく第三者に転貸した場合。
④ 風紀上または安全管理上、不適当と認めた場合。
⑤ 常識を超えた備品のお持込または、使用された場合。
⑥ 関係諸官庁から中止命令が出された場合。
⑦ 禁止および注意事項、またスペースオーナーの注意に従わない場合。
⑧ 暴力団関係者、その他反社会的団体に属する者が利用しようとしている認められる場合
⑨マルチ商法やネットワークビジネス、情報商材、投資の勧誘それに類する販売行為をしているとみなさられる場合。
⑩宗教活動や布教活動を行った場合。
⑪その他、スペースオーナー及び弊社が社会一般通念上不適切な使用方法と判断した場合。

■禁止行為
・法令に反するまたは反する恐れのある行為および法令で販売が禁止されている商品の販売。 マルチ商法やネットワークビジネス、情報商材、投資商品やそれに準ずる商行為やその商品の販売
・公序良俗に反する低俗な行為およびわいせつ物や違法な商品の販売。
・危険物、騒音や振動を生じる物、動物やペット、及び常識を超えた備品の持ち込み及び販売。
・申込内容と異なる行為を行うこと。
・他人の権利・利益を侵害する可能性のあるものの販売。
・スペースオーナーと同じ建物の他の利用者、近隣住民に迷惑を及ぼす恐れがある言動・行為・騒音等。
・スペースオーナーの承諾無く、床・壁・天井・付属設備・備品等への釘類の打ち付けたり、改築、改造模様替え、粘着テープ類の貼り付け、鋲止め、その他現状を変更する行為。
・スペースに宿泊する行為
・収容人数を越えて入室させること
・スペースオーナーの許可を得ないで行う飲食行為
・大音量での音楽再生
・その他法律で禁じられている行為。

■キャンセルについて
キャンセル規約に準じます。

■利用者の制限
① 暴力団、暴力団関係企業・団体、総会屋、過激行動団体、その他反社会勢力若しくはこれらに準じる者(以下「暴力団等」と称します)又は暴力団等の関係者である場合
② 暴力団等又は暴力団等の関係者が事業活動を支配する法人その他の団体であ る場合
③ 役員(取締役、執行役又はこれらに準じる方を言います。)、従業員、関係者等が暴力団等の構成員又はその関係者である場合
④ マルチ商法またはそれに準ずる関係者
⑤ 情報商材、投資商品またはそれに準ずる関係者
⑥宗教やそれに類する宗教団体

個人情報保護に関してはコチラをご参照下さい。